車の売却でやること、やらないこと戦略的に売却するテクニックリスト

債務整理中の方が車を売却する時の注意点

 

車の売却は、基本的に誰もが行う事ができます。
買取業者や親戚などに、車を売却するのは特に資格などは必要ありません。

 

ところが、例外も有ります。

 

借金を抱えている方の場合は、それが難しくなるケースがあるのだそうです。
どういう事かというと、債務整理です。
いわゆる自己破産や民事再生などを行っている方々の場合、
買取が強制的にキャンセルになってしまう事があるそうです。

考えられる事例は、2つあります。

例えば車の買取専門店では、よくローンが残っている車でも買い取ってくれるとアピールしていますね。
ローンの残り金額が30万円で、
車の売却金額が50万円だとします。
その50万円の内の30万円をローンの
残債に当てれば、特に問題はありません。

 

ところがその50万円をローンの支払いに充当したかった場合、
ローン会社から「待った」がかかる事があるそうなのです。
色々と所有権の問題などにより、債務整理中の方が
それを行ってしまうと待ったがかかると言われています。

 

それともう1つは売却金額を低めにする為に、故意に誰かに売却する事例です。
自己破産などでは、車などは差し押さえの対象になります。
ところで人によってはその差し押さえを回避するために、
車を20万円以下の金額で売却している方がいらっしゃるそうです。

 

20万円以上の場合は強制的に差し押さえですが、それ以下の金額の場合は押さえられないそうです。
差し押さえを回避するために10万円台で売却する方もいらっしゃるのですが、
それは「待った」がかかってしまう事があるそうです。
それで売却を強制キャンセルさせられてしまう事もあります。

 

このため債務整理を行っている方々が車の売却をする際には、
ちょっと色々気をつけた方が良いと思いますね。

 

 

ちなみに弁護士の方々は、その点に関して
的確なアドバイスを行ってくれる事もあります。
ですので債務整理中で車を売却する場合には、
まず弁護士に相談するのが良いと思います。


 

車買取では、必ず書類が必要になります。それは例外はありませんね。

 

その買い取り手続きに必要な書類は様々ですが、1番注意を要するのは印鑑証明書ではないでしょうか。その書類の何に気をつけなければいけないかというと、有効期限ですね。

 

そもそも車の買い取り業者は印鑑証明書の有効期限を、1ヶ月以内と設定していることが非常に多いですね。期限切れの証明書を提出しようと思っても、もちろんそれは有効ではありません。発行後10日経過しているような証明書は、受付不可ですね。そして、それが車の買取では非常に大きなポイントになるのです。

 

印鑑証明書をできるだけ早めに用意すべき理由

 

車買取では、基本的にはなるべく速やかに売却をする方が良いです。早めに売却をしないと、もう1回査定が行われてしまう可能性があるからです。そうなると査定金額が下がってしまう可能性もあるのですね。それはとても悲しいことだと思うのですが。

 

ですので印鑑証明書は、できるだけ早めに用意しておく方が望ましい一面はあります。書類が全て揃っていれば、直ちに車を売却することもできるでしょう。それならば査定金額が下がってしまうリスクを、大きく減らす事もできるのです。
http://xn--bmwminicooper-ut4lk8cp15vkuuaba0777y.com/

 

早過ぎるのも禁物

 

しかしあまり早すぎても良くありませんね。あまりにも早すぎると、上記の期限切れの問題が浮上するからです。せっかく書類を用意したのは良いものの、期限切れになってしまっているのでまた役場に足を運ばなければなりません。二度手間になってしまいますので、手間と時間がかかってしまいますね。

 

ですので印鑑証明書を用意するのは、早すぎても良くありませんし、遅すぎても良くありません。個人的には、ある程度自分にとって良さそうな車買取の業者を絞り込んだタイミングで、その書類を用意するのが良いと思います。

続きを読む≫ 2015/01/02 22:09:02

車を購入する事を検討しているのであれば、モデルチェンジは大事な情報です。なぜならチェンジによって、車の金額は大きく変化するものだからです。

 

例えばある時に、150万円の車が販売されていたとします。ところが数ヶ月ほど経過した時に、モデルチェンジの情報が出てきたとします。その情報によって、車の金額が120万円などに下がる事があるのです。

 

つまり旧モデルはモデルチェンジに伴って金額がダウンする事があるのですが、車の買い手にとってはそれは歓迎すべき事態とも言えます。ある特定の車を買いたいと思っているのであれば、モデルチェンジの情報が出てくるのを待つというやり方がある訳ですね。その方が安く買える可能性が高いからです。

 

ところが車を売るとなると、話は別です。売却であれば、逆にモデルチェンジを待たない方が良いです。

 

多くの車買取の業者のサイトには、モデルチェンジ後は売却額が下がってしまうと明記されています。実際その通りなので、チェンジが起きる前に売却をするべきでしょう。ですので車売却の際には、購入の時とは逆の事をするべきなのですね。よく業者はなるべく早くアクションを起こした方が良いと強調していますが、チェンジを考慮すればその通りだと思います。

 

また車によっては、そもそもモデルチェンジの情報が流れた時点で金額ダウンが発生してしまう場合があります。特に気をつけなければならないのが、2年前や3年前などに販売されている車ですね。そのようなタイプの車はモデルチェンジの情報に伴って、大きな金額ダウンが発生する事もあるのだそうです。
フィット 買取

 

ですので「最近販売された車を持っている」ようであれば、モデルチェンジの情報にはアンテナを張っておいた方が良いでしょう。そしてなるべく速やかに売却するのが良いと思います。

続きを読む≫ 2014/11/25 00:04:25

車を売る手段の1つに、オークションがあります。売却金額がかなり高くなる事が多いので、その方法で車を売ろうと考えている方々が多いと思いますね。
ところでオークションでの売却は、ある程度地域性と関係があるようです。オークションでの売却を検討している方々の人数が多い地域と、少ない地域があるようなのです。

 

車の買取業者によっては、代行サービスを提供している場合があります。業者による代行にも色々なものがありますが、その内の1つがオークションです。
前述のようにオークションでの売却は、金額はかなり高く見込めます。しかし少々手間がかかるのが、オークションのネックですね。このため一部の車買取の業者は、その代行を行ってくれるのです。専門の業者が代行してくれるのですから、とても頼もしいサービスだと思います。

 

ところがその代行サービスは、地域性と大きな関係があるのです。なぜなら特定の地域で、その代行サービスを提供している業者が多く見られる事があります。
例えば地域Aにある全業者の中で、約20%前後の所は代行サービスを提供しているとします。ところが地域Bの場合はそのパーセンテージが異なり、約10%といった具合です。さらに地域Cでは、代行業者が全く見られない事もあります。地域により、代行業者の割合が異なる訳ですね。
クラウンロイヤル 買取

 

その理由ですが、やはり地域住民の重要ではないでしょうか。地域Aにお住まいの方々は、「オークションを使って車を売却したい」と考えている事が多いのだと思います。代行業者が多いからです。しかし地域Cの場合は、その逆の傾向があるのだと思います。オークションを用いての車売却の需要というのは、地域とは意外と大きな関係がある訳ですね。

続きを読む≫ 2014/11/08 23:17:08

車を売りたい方々にとっては、一括査定サイトはとてもメリットが大きいと思います。やはり効率的に比較ができるのが、一番大きいですね。
ところでそのサイトは、売りたい側だけでなく買いたい側にとってもメリットがあります。車買取の各業者へのメリットです。

 

どのようなメリットが有るかというと、まず販路の拡大が大きいと思いますね。地域密着型の実店舗で営業しているとなると、やはり限られた地域だけにしかアピールができないと思います。しかし全国の方々からの受け入れ態勢を作っておくと、それだけ販路が拡大できると思います。

 

そして個人的には、業者の信頼感をアピールできるとも思うのです。というのも一括査定のサイトは、車買取の業者に対して審査を行っています。つまり審査に合格しないと、一括査定サイトに登録をする事ができません。

 

逆に言うと、一括査定のサイトを見ている方々からは「この業者は審査を通過しているので信頼できる」と思ってもらえる可能性があります。優良な業者に査定をお願いしたいと考えている方々はとても多いですね。

 

ですのでそのサイトでの審査に通っておけば、自社の信頼性をアピールできると思います。それが車買取の業者側に対するメリットですね。

 

ちなみに一括査定を行っているサイトの1つに、一括査定.comという所があります。そのサイトに登録をしますと、かなり信頼性をアピールできると思います。なぜならそのサイトの場合、優良業者のみが登録できるのだそうです。少なくとも「顧客に対して強い勧誘を行っていない」という点はアピールできるでしょう。そのような業者は、一括査定.comには登録できないようになっているからです。

 

このように「車買取の業者としての信頼感をアピールしたい」のであれば、一括査定サイトに登録しておくのも1つの方法でしょう。

続きを読む≫ 2014/11/01 15:26:01

複数の車買取の業者から査定を行ってもらう事ができるサイトの1つに、査定バンクという所があります。査定バンクのやり方はかなり特殊で、入札というスタイルを採用しているのだそうです。他社ではほぼ見られないシステムですね。

 

入札というと、ネットオークションのあの競売スタイルをイメージなさる方が多いかと思います。それと類似しているシステムになりますね。

 

具体的には、まず査定バンクのスタッフによる訪問査定が行われます。そして査定バンクの会員である車買取の各業者は、その車のデータを見る事ができるのです。ただし見れるのは、あくまでも車データだけだそうです。電話番号やメールアドレス等は、車買取の業者には通知されない仕組みになっています。

 

例えばある業者が10万円で入札をしたとしましょう。そして別の業者が12万円と入札し、徐々に入札額が切り上がっていくようです。

 

ところで顧客はその入札額をどこで見れるかというと、会員専用ページだそうです。また入札データと一緒に、金額を提示している各業者の情報なども見る事ができるそうです。
MRワゴン買取相場

 

そして入札額は、1日に何度か更新されていきます。最終的には10回の更新が行われて、2日間で更新は終了するのだそうです。2日目ともなると、上記の12万円の入札額よりも、だいぶ上がっているかもしれませんね。35万円などになっているかもしれません。そして顧客は入札してくれた各業者の中から、自分に最も合っていると思われる所を選ぶシステムになります。他の一括査定サイトでは、このような入札システムを採用している所はありませんね。

 

入札額が徐々に切り上がっていく以上、買取金額も高く見込めるでしょう。顧客にとってメリットが大きなシステムだと思います。

続きを読む≫ 2014/11/01 14:39:01